『禁煙セラピー』で最後の禁煙を決意。成功?失敗?結果は…?

オザワ
オザワ
「禁煙セラピー」という、読むだけで絶対にやめられるとウワサの本で禁煙に成功しました!
プラモン
プラモン
何回も禁煙に失敗したオザワがやめられるなんて…!!!

こんにちは!オザワです!

突然ですが、みなさんはやめたくてもやめられないものはありますか?人間と人生はやめちゃダメですよ。

そう!タバコですねタバコをやめるには相当な努力と苦痛がともなうと思っているでしょう?

その考え、ぶっ壊します。

効果をお約束する訳ではありません。禁煙できなくても責任は負いません。

わたしもタバコをやめられない一人でした。

やめようやめようと何回も禁煙に挑戦したけれど、何回も失敗して…。1ヶ月禁煙に成功したこともありました。でも1本でも吸ったらまた元通り

「なんでこんなのに440円もかけてるんだ…」とバカらしくなっても、悲しきかな、全然やめられなかった。

でもね、なんと!そんな私でもやめられることができたんです!

うさんくさ!!と思ってごめんなさい。その実力、本物だった

タバコなんてすぐやめられると思っていた

タバコを吸っている誰もが考えている通り、「タバコなんてすぐにやめられる」と思っていた。

  1. 最初はお酒を飲んだ時だけ吸っていた。
  2. そのうちお酒がなくても吸うようになった。
  3. 最終的には、朝起きてすぐタバコを吸うようになった。
  4. 「あ、これやばいかも」と思ってからじゃ遅かった。

8ミリを1日1箱吸う生活の出来上がり!立派な喫煙者となっちゃいました!!

何回も繰り返した禁煙

でもね、心の中ではいっつもやめたいと思ってるんですよ。だから禁煙をことあるごとに決意する。

禁煙をするぞ!と重い腰をあげたら、まだ残りのあるタバコをゴミ箱に捨てて、ただただ耐えてた。

しかしね、しかし。続くわけがない。依存してるんだもん。だんだんイライライライラしてきて気付いたらゴミ箱漁って吸ってました。

で、禁煙できない自分にイライラ。しかも禁煙するたびに吸う量増えてない??

 

「禁煙セラピー」、助けてくれ!

ある時、「もう一回本気で禁煙しよう。無理だったらもう諦めよう。」と思い、最後の禁煙をすることにしました。

そして、今までの気合いだけでの禁煙は絶対無理だとわかっていたので、何かしらに頼ろうと思った。

ニコチンガム?ニコチンパッチ?アイコスに代える?(←禁煙じゃない)どうしたらいいんだ!

そんなとき、たまたま見たアメトークの『禁煙つらいよ芸人』で、「禁煙セラピー」という本を紹介していました。

まっさか〜本当に読むだけでやめられるの?嘘でしょ?そう思って買って読んだ結果。あっさりやめることができました。

読むときの注意点

「禁煙セラピー」で禁煙に成功したわたしが、この本を読むにあたって、こんな所に注意した方がもっと禁煙率が上がるかもと思った点がいくつかある。

※あくまでもわたし個人の見解です。

本気で禁煙をしたいと思うまで読まない方がいい

禁煙セラピーは魔法のような本で、最初に読んだ時がいちばん効果が現れる

むしろ、1回目に読んで禁煙できなかったらもう2回目の効果はないと思った方がいい。最初の1回に全信頼をおいて読んだ方がいいということです。

つまり、本気で禁煙したいという強い意志を持って読まないと、逆にもったいないんです。

軽い気持ちでパラパラと読んで、その効果を薄めたら本当にもったいない。なので軽い気持ちで買ったんだったら、本気で禁煙する気になるまで読まない方がいいです。

 

できるだけ短期間で読む

これは単に、だらだらと読むと前半何を言ってたっけ?となることが考えられるので、禁煙したいという強い意志のもと、1日で読むといいと思います。

 

一字一句しっかりと目を通す

パラパラと読み進めるのではなく、ちゃんと意味を噛み砕いて飲み込むようにして文章を頭に入れるべし。

 

疑いの心をもたない(超重要!)

「本当に禁煙できるの〜?」と、疑いの心から読み始めるのは絶対にやめたほうがいいです。

「これで絶対禁煙できるんだ!」という前向きな気持ちを持って読み進めた方が絶対うまくいきます。本に書いてある全てを信じ切ること。

禁煙できるかできないかはここにかかっています。

自分を騙してください。この本を読んだら絶対にやめられると信じ抜いてください。疑い深い人は、その気持ちをこの時だけ捨ててください。

得体の知れない宗教にのめり込む人をイメージして、それになりきってください。本を信じ込めば、禁煙の確率は上がります。

 

ここだけは著書アレン・カーさんに文句を言いたい!

この本、読み進めていくと最後のほうに、「さあ、今、最後の一本を吸ってしまいましょう」みたいに誘導されるところがあるんですね。

でも、わたしの場合はこのページに来るまでに、禁煙の気持ちがボーボーに燃えていたわけです。「やめてやるぞ!」と。

しかもタバコを吸う気も全く起きなくなっていたのに、こんな風に誘導されると吸ってしまうじゃないか…と疑問に思った。わたしは吸いませんでした。ここで吸わないことを強くお勧めします。

もし吸っていたら、禁煙に失敗していたかもしれない。禁煙の気持ちを盛り上げてくれているだけに、なんでこんなこと書くんだろう?と思いました。

今までの禁煙と全然違う!

禁煙した人なら誰でもわかるはず。あの手持ち無沙汰のイライラ。

四六時中タバコを吸いたいって気持ちに支配される。禁煙しているのに、タバコのことを考える時間が圧倒的に増えた。

この本は、そんなつら〜い禁煙じゃないんです。

まず、読み終わった後にタバコに対して嫌悪感?まではいかないけれど、どーでもいいという感情が湧いてくる。

そんで、タバコを吸いたいという気持ちに支配されてない自分に感動する。心底感動する。

タバコをまた1本でも吸うと喫煙者に戻ってしまう恐怖が常にあるので、タバコに手が伸びない。

そして一日が終わり、今日タバコを吸わなかった!と感動するくらいです。

そしてそんな毎日を繰り返すしていくうちに、本当にタバコを吸いたい気持ちがなくなる。

禁煙、全然辛くなかったです。

 

禁煙後は本当に世界が変わる

ここまで読んでくれた人は、こいつ宗教にハマりやすそうなタイプだな、と思うかもしれませんね。でもこの本を読むときは本当に全てを信じ切って読まないと効果は現れないです。

集中力が上がった

目に見えて集中力が上がった。以前は事あるごとに理由をつけて休んでタバコを吸っていた。そのこまごました休憩がなくなったし、日中の眠さ・だるさを感じにくくなった。

作業の集中が切れるまでの時間が確実に伸びた

ご飯を作るとか、掃除機をかけるとか日々の生活の作業もだらだらしなくなった。

ただ、ご飯をいっぱい食べるようになった。こりゃ太るな…

こんな感じで、メリットいっぱいです。本当に、禁煙してよかったと心から思えます。

最後に

ここまで読んだ人は、本当に禁煙したい人ですよね?

本気でやれば必ず結果が出ます。自分のためにも、大切な人のためにも、もちろん金銭的にも、やめない理由はもうないです。

正直たまに、吸いたいな、という気持ちが湧き出てくるときがあります。

そんな時も「一本吸ったらまた喫煙者に逆戻り」という恐怖でタバコに手が伸びません

オザワ
オザワ
本気でタバコをやめてほしい家族にも送るべき一冊です。
ABOUT ME
オザワ
このブログを書いてる人です。幼少期からイラストを描いたり、ものづくりが大好き。 商品デザイナとして就職。退職後は北海道から大阪に引っ越し、現在イラストレーターとしてお仕事をしています。イラストやデザインのほか、好きな文房具や手帳などの情報を配信中。