文房具

【ノート比較第2弾】エディターズシリーズ 365デイズノートの細やかな工夫!

プラモン
プラモン
ノート比較第2弾!

テーマは、「メモを取るのに最適な手に収まるサイズのノート」!

今回はエディターズシリーズ365デイズノートをご紹介!

こんにちは。ノート比較第2弾ということで、エディターズシリーズ365デイズノートをご紹介します。(以下365デイズノートと表記)

あわせて読みたい
【ノート比較第1弾】ZEQUENZ ジークエンスのユニークなフォルム! シリーズの企画をしたかった!ということで、前々から探していた、メモを取るのに最適な手に収まるサイズのノートをご紹介したいと思いま...
あわせて読みたい
【ノート比較第3弾】ノートの王様モレスキン、ファンが多いのも頷ける魅力! こんにちは。ノート比較も今回で最終回。テーマは、「メモを取るのに最適な手に収まるサイズのノート」です。 最終回はモレスキン...

エディターズシリーズ365デイズノート

使いやすさを追求して設計、筆記具を使いこなすプロである編集者(エディター)も納得のEditor’s Series。

出典:STALOGYホームページ

365デイズノートは、2014年度に、日本最大の文具アワード「第23回日本文具大賞」でデザイン部門優秀賞を受賞しました

作っているのは株式会社ニトムズ。その中の、STÁLOGYというブランドです。

このシンプルなノートには、様々な工夫が施されているのです。

基本的なスペック

  • 方眼は5mm幅
  • 用紙の種類はホームページ上では明記されておらず、「薄くて軽い手帳用紙」
  • 糸かがり綴じ製本を採用し、360°にも開くことができる
  • 長期使用や持ち運びに適した丈夫なクロス表紙を採用
  • 368ページの365デイズノートと、192ページの1/2イヤーノートがある

360°に開いてみました。意外としなやか。無理なく開くことができました。

月・曜日・日付を区別できる

 

ノートの上部には、小さめの文字で月・曜日・日付が書かれています。

マーカーで線を引いたり、丸で囲んだりして、記入した日がわかるようになります

時間軸が記入されている

 

ページの左端に、方眼に合わせて数字が書かれています。これを時間軸として使用することで、バーチカルに早変わり

その日の予定を時間ごとに記入することができます。手帳としても使えますね。

日本で定番の紙の規格に合わせたサイズ

365デイズノートは、日本でおなじみのA判・B判サイズのノートです。

365デイズノート A6 105mm×148mm 中紙184枚
B6 128mm×182mm 中紙184枚
A5 210mm×148mm 中紙184枚
B5 257mm×182mm 中紙184枚
1/2 イヤーノート A6 105mm×148mm 中紙96枚
A5 210mm×148mm 中紙96枚

※2017年10月現在

持ち運びしやすいのは、A6、B6ですね。

実際に365デイズノートを使ってみよう

それでは、実際に365デイズノートを使ってみます。

バーチカル手帳のようにしてみた

薄めの用紙ですが、ペン先が突っかかることなく書くことができました。

ページの上に月と曜日と日付が印刷されているので、ペンでマークしておけばいつ記入したかがわかります

左端には時間軸があるので、バーチカル手帳のように、時間ごとの細かい予定を書き込むことができます。

色々なペンで描き比べてみました。

  • uni-ball Signo DX 0.38 ブルーブラック
  • Juice up 03 ブラック
  • kakuno 中字 ブルーブラック
  • トラディオ プラスチック万年筆 ブラック

これらのペンを使用しました。紙が薄いので、裏に透けて、前のページに何が書かれているのか把握できるものの、インクがにじむほどの裏抜けはありません。裏移りもなし。

使ってみた感想

月・曜日・日付時間軸が印刷されているという特徴を持つ365デイズノートですが、正直見づらいです。

わたし的にはもう少し数字などを大きめにして欲しかったのですが、邪魔にならない程度はこのくらいなのか…?時間軸は使うことがあるかもしれないけれど、日付はあまり使わないかな、と思いました

でも、こういった日付のつけ方は見たことがなく、おしゃれ。慣れればすぐに日付が認識できるのかも。

紙は薄めですが、ペンが突っかかることなくさらさら書くことができます。書き心地はとてもいい。方眼のマス目も薄い色で印刷されているので、邪魔にならず、でも文字をまっすぐキレイに書くことができます。

表紙も手馴染みがいいし丈夫そう。ただ、背表紙がどれだけ丈夫なのかが気になります。ノートがパラパラと落ちてこないかしら?

1冊使い終わったらまたレビューしたいと思います!

プラモン
プラモン
次回はモレスキンの予定だよ!お楽しみに〜
あわせて読みたい
【ノート比較第1弾】ZEQUENZ ジークエンスのユニークなフォルム! シリーズの企画をしたかった!ということで、前々から探していた、メモを取るのに最適な手に収まるサイズのノートをご紹介したいと思いま...
あわせて読みたい
【ノート比較第3弾】ノートの王様モレスキン、ファンが多いのも頷ける魅力! こんにちは。ノート比較も今回で最終回。テーマは、「メモを取るのに最適な手に収まるサイズのノート」です。 最終回はモレスキン...
ABOUT ME
プラモン
このブログを書いてる人です。幼少期からイラストを描いたり、ものづくりが大好き。 商品デザイナとして就職。退職後はイラストレーターとしてお仕事をしています。イラストやデザインのほか、好きな文房具や手帳などの情報を配信中。