技術・知識を身につける

【初心者】RGB?CMYK?今更聞けないデザイン用語をわかりやすく解説!

オザワ
オザワ
こんにちは、フリーの絵描き、オザワです。

デザインや印刷の勉強をしていると、RGBやCMYKという用語がよく出てきます。今回は、RGBとCMYKについて詳しく、そしてわかりやすくお教えしたいと思います。

RGBは光の3原色、CMYKは色料の3原色

まずは、RGBとCMYKの基本的な違いから。

RGBは光の3原色

RGBは、赤(Red)、緑(Green)、青(Blue)のそれぞれの頭文字をとってRGBです。

透明度(Alpha)のAを合わせて、RGBAという色の表記もあります。

光は色を混ぜれば混ぜるほど明るく(白く)なります。これを加法混色といいます。

RGBの色の表現方法は、テレビやパソコンのディスプレイ、デジカメなどで使われています。

CMYKは色料の3原色

CMYKは、シアン(Cyan)、マゼンタ(Magenta)、イエロー(Yellow)、そしてキープレート(Key Plate)のそれぞれの頭文字をとってCMYKです。

キープレートって…ナンダ?

キープレートとは、画像の輪郭などの細部を表すために使われた印刷板のことで、通常黒インクのみが使われたので、キープレート=黒となり、頭文字の『K』で表記されるようになったとのこと。

BlackのKでもなければ、クロ(Kuro)のKでもないんです!知らなかった…!

色料は混ぜれば混ぜるほど黒に近づいていき、これを減法混色といいます。

理論上は、混ぜれば黒になる、ということですが、実際は混ぜれば混ぜるほど濁った灰色になるので、黒いインクを使ってフルカラーを表現しています。

CMYKの色の表現方法は、主に印刷などに使われています。

CMYKで表現できない色もある

金や銀、蛍光色、パステルカラーなど、CMYKで表現できない色を特色といいます。

 

色の種類が多いのはどっち?

RGBは、それぞれの色ひとつにつき、0〜255までの256段階の色の濃さを設定できます。

つまり、R(256)×G(256)×B(256)=16,777,216通りの色を表現できます。

 

CMYKは、それぞれの色ひとつにつき、0〜100%までの101段階の色の濃さを設定できます。

つまり、C(101)×M(101)×Y(101)×K(101)=104,060,401通りの色を表現できます。(理論上)

数字で見るとCMYKの方が色の表現数は多いですが、実際にプリントする際には、インクでそこまでの差を表現することはできないので、RGBに比べると表現できる色は少なくなります。

まとめ

  • RGBはの3原色、CMYKは色料の3原色
  • RGBは加法混色、CMYKは減法混色
  • RGBはテレビやPCのディスプレイ、CMYKは印刷(インク)に使われる
  • CMYKはRGBより色の表現数は少ない

RGBはデジタルな色の表現方法、CMYKはアナログ(紙など)な色の表現方法と考えるといいかもしれません。

ABOUT ME
オザワ
このブログを書いてる人です。幼少期からイラストを描いたり、ものづくりが大好き。 商品デザイナとして就職。退職後は北海道から大阪に引っ越し、現在イラストレーターとしてお仕事をしています。イラストやデザインのほか、好きな文房具や手帳などの情報を配信中。