絵・デザインに役立つツール

【Dropbox】イラスト納品とデータバックアップに絶対おすすめ!

プラモン
プラモン
こんにちは、フリーのイラストレータープラモンです。

イラストを納品するときって、結構神経使いますよね。

  • うまく送られていなかったらどうしよう?
  • この方法であってるのかな?
  • マナーやセキュリティ的にどうなの?

データをクライアントに送る方法としては、メールに直接添付する、というやり方があります。しかし、データが重すぎると相手に迷惑をかけてしまいます。

よく言われているのが、2MB以上のデータはメールで送ると相手に迷惑がかかる。2MB以上だと相手が受信するのに時間がかかったり、そもそも届かない場合もあります。

3MB以上や5MB以上、と人によって基準は様々なのですが、2MB以上のデータはメールでは送らないと覚えておくとベター。

画像ファイルなどはあっという間に2MBを超えるので、注意が必要。

メールで送れない大きいデータはデータ便ギガファイル便などのサービスを利用して送ることができます。

ドキドキする納品には、Dropboxが絶対おすすめ。その理由をお教えします。

 

Dropboxでのデータ納品のやり方って?

Dropboxを使って相手にデータを送る方法は2つあります。

プラモン
プラモン
ひとつ目が、「共有リンクを相手に伝える」方法。この方法は、相手がDropboxのアカウントを持っていなくても大丈夫。

ふたつ目は、「共有フォルダを作成する」方法。これは相手もDropboxのアカウントを持っていないとできません。

共有リンクの作り方

「共有」をクリック

 

リンクをコピー」をクリック

 

「リンクをクリップボードにコピーしました」と出るので、あとはメールなどにペーストし、リンクを相手に教えるだけ

 

共有リンクというのは、こんなリンクのこと↓

https://www.dropbox.com/s/0h8enrlbhftpqqo/push-button.png?dl=0

クリックすると、ボタンを持っているイラストが表示されたと思います。

共有リンクを教えられた相手は、データを表示・ダウンロード・コメントのみできるので、データを相手に編集されることはありません。

ちなみに、リンクの文字列の最後を「dl=0」から「dl=1」に変更すると、リンクをクリックしたら強制的にダウンロードされます。試しにクリック↓(ウイルスとかではないので安心して)

https://www.dropbox.com/s/0h8enrlbhftpqqo/push-button.png?dl=1

 

共有フォルダの作り方

「新しい共有フォルダ」をクリック

 

「新規フォルダを作成し共有する」をクリック

 

①、②、③を入力する

 

①、②、③を埋めたのがこちら。「共有」をクリック

 

ちなみに、「編集可能」か「閲覧可能」を選べます

 

相手にはこのように通知されます

 

あとは、共有したいデータをこのフォルダに放り込むだけであっという間にデータ共有できちゃいます。

共有フォルダの場合はデータの編集・削除も可能なため、相手が共有フォルダ内のデータを削除すると、自分から見たフォルダ内のデータも消えてしまいます。

※一定期間内だとデータの復元は可能

 

あくまでもクライアントに合わせよう

Dropboxは簡単にデータのやり取りや共有ができて便利ですが、クライアントから納品方法が指定されている場合はそちらに従って納品しましょう。

クライアントがそういったことにあまり詳しくなく、逆に「どういう方法があるの?」と質問される場合もあります。そんな時にはDropboxをお勧めしてデータを送るいいと思います。

また、長期的に継続して仕事のご依頼を頂くようなクライアントだと、Dropboxでのデータのやり取りがおすすめです。

プラモン
プラモン
単発でのお仕事の場合はDropboxアカウントのいらない共有リンク、継続してお仕事を頂く場合はDropboxアカウントが必要な共有フォルダでのデータ納品がおすすめです。

無料アカウント(容量2GB)もあるので、クライアントにもおすすめしやすい!!

イラストを仕事にするなら絶対有料プランを選べ!

ご紹介した「共有リンク」も「共有フォルダ」も無料プランで使用可能です。

しかし、無料プランから有料プランにすると、

  • 共有リンクのパスワード設定
  • 共有リンクの有効期限設定
  • 共有フォルダのアクセス制限

など、セキュリティ面でも安心できる機能が付いてきます。…が、プラン内容の違いはこっちで確認してくれ!

セキュリティも重要だが私が言いたいのはそこじゃない!!

使用できる容量が2GBから1TBになるということだ!!!(500倍)

 

パソコンのバックアップってちゃんと取ってますか?

私は、大学に入学した時買ったパソコンが4年生の時に壊れました。しかも、同時期に友人のパソコンも続々と死んでいきました。

その時に「バックアップをこまめに取っていた組」と「全然取ってなかった組」でヤバさ具合が全然違いました。何が言いたいかというと、

急にパソコン本体が壊れても、ドロップボックスにデータをこまめに入れておけば安心!1TBあったら容量に関してはほぼ気にしないでポイポイデータを入れて大丈夫!!ということです。

パソコン本体がやられても、他のデバイスでインターネットからドロップボックスにアクセスできるので急な納品があっても大丈夫。

 

プラモン
プラモン

明日締め切りのデータがあるのに今日パソコンが死んだらどうしますか?

「大丈夫!パソコンのバックアップとってるから!」って、バックアップとったの3ヶ月ぐらい前じゃどうしようもないですよ…?

 

ほら…こわ〜いささやきが聞こえてくるでしょう?こまめにデータをドロップボックスに入れておけば、安心ですよ…?

と、Dropboxの回し者かのごとくおすすめしまくりましたが、大事なデータを消滅させないためにもDropboxは本当におすすめです。

プラモン
プラモン
パソコンが壊れてデータが消えたら自分のせいだけど、もしDropboxに入れたデータが消えたらDropboxのせいにできるもんね。(そんなことは起こらないと思います。考え方がゲス)

Dropboxの個人用プランは、無料のBasic、有料はPlusProfessionalがありますが、Plusで十分だと思います。私も有料プランのPlusを使っています。

 

プランを詳しく見たいからはこちらから→Dropboxのプランを見る

あわせて読みたい
退職後に税金はいくら支払うことになる?フリーになる前に確認! 「やっぱりイラストレーターになる夢が諦めきれない!よっしゃー退職した!へっへー!自由の身だー!!」と思っているあなた。 退...
ABOUT ME
プラモン
このブログを書いてる人です。幼少期からイラストを描いたり、ものづくりが大好き。 商品デザイナとして就職。退職後はイラストレーターとしてお仕事をしています。イラストやデザインのほか、好きな文房具や手帳などの情報を配信中。